« メタボリックシンドロームの診断基準 | トップページ | アトピー性皮膚炎とステロイド剤 »

アトピー性皮膚炎の食養生

アトピー性皮膚炎では、食べるものの影響があるとされています。ごく一部ですが、「食べて良いもの」「食べて悪いもの」をご紹介します。

・砂糖は、悪い
  砂糖の変わりにハチミツにするとよい。
・ピーナツは、悪い
  アトピー悪化する
・お餅は、悪い
  アトピー悪化する
・果物は、悪い
  甘さ・冷えの両面でよくない
・ゴマは、良い
  肌をすべすべにする
・ハトムギは、良い
  肌をきれいにする

あと、水分の摂り過ぎは、皮下に熱をこもらせてアトピー性皮膚炎をを悪化させるので注意が必要。とにかく、身体(特にお腹)が冷えてる方にアトピー性皮膚炎の症状のある方が多いので、冷やす食べ物・飲み物は、避けた方が無難です。

アトピー性皮膚炎は、皮下の熱の放散がうまくいかなくて熱がこもり、赤く炎症をおこし痒くなる病気です。うまく熱を放散できるような身体作りが必要になります。

次回は、アトピー性皮膚炎とステロイド剤について書きますね。

|

« メタボリックシンドロームの診断基準 | トップページ | アトピー性皮膚炎とステロイド剤 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アトピー性皮膚炎の食養生:

« メタボリックシンドロームの診断基準 | トップページ | アトピー性皮膚炎とステロイド剤 »